Celeron G540からCore i3 2120に変えてみた





こんにちわ、にゃんたです。
昨日はなんとメインPCのCPUを三年ぶりに交換をした。
交換したのはCeleron G540からi3 2120だ。

両者のスペックを書くと・・・
■Celeron G540 = 2.5Ghz デュアルコア 3次キャッシュ2MB
■i3 2120 = 3.3Ghz デュアルコア 3次キャッシュ3MB HT有り
世代は両者ともSandyBridgeコアね。

なんで現世代のSkyLakeに変えないのかというと・・・
ある意味、僕はCeleron G540でも満足しているんだ。
それを捨ててまでSkyLakeに移行する気はない。
だって、マザーボード、メモリー、CPU、電源を買い替えなきゃならないから出費がかさむんだよ。

マザーボード、メモリー、CPU、電源を新規で買いなおすって言ったら結構なお値段するのよ。
最低でも4万円は出さないと買えない。
そんなお金出せないしね。
それだったら、ベースはそのままでCPUだけ変えてあと何年か使おうと考えた。

仮にSkyLake世代の環境を作るのに4万円を投資したとしよう。
多分、4万円だとCPUはCeleronやPentiumクラスになるだろう。
今はマザーボードやメモリー、電源の価格が高すぎてCPUにまでお金をかけれないのだ。

それならば!4万円で中古CPUを買ってみたらどうだろう?
SandyBridgeで中古CPUの4万円クラスというと・・・
ドスパラの中古販売サイトではINTEL Core i7-3770Kが26900円。
だね。
4万円出してもオツリが来るなんて最高じゃない(笑)
現行世代のローエンドCPUを買うよりはよっぽどいいと思う。

ちなみにSandyBridge世代の相場は(ドスパラの中古販売サイトより)
Cerelon Pentium = 2700~5000円
Core i3 = 5000~9000円
Core i5 = 9000~17000円
Core i7 = 17000~26900円

さて、今回購入したCPUはドスパラ通販でバルク品として購入。
お値段は4980円。
CPUファンは今使っているリテールのファンを使えばいいのでCPU本体だけでいい。

さてCPUを交換をしてみると次のような結果が出た。
CINE BENCH R15
Celeron G540 = 150
Core i3 2120 = 271

ほぼ2倍近くの数値をたたき出した。
これだけ出れば今ままでの使い方ならばあと数年は使えるはず・・・。

FINAL FANTASYⅪ ベンチマーク
(ハイレゾバージョンで実施。両者ともGeforce GTX650実装)
Celeron G540 = 6358
Core i3 2120 = 8692

おぉ~CPUを変えるだけでこんなに差が出るのかぁ。
すごいな(笑)

TOMB RAIDER(2013リブート)
Celeron G540 = 最小fps40.0 最大fps60.2 平均fps54.7
Core i3 2120 = 最小fps58.3 最大fps62.0 平均fps60.0

まとめ!

確かに現世代のCPUを買ったほうが確実に早くなるんだろうけどその時の出費は多大だ。
それなら、今使っているCPUの世代の一つ、二つ上のグレードのCPUを買ったほうがいい。
今実装しているCPUで満足していてアップグレードをするなら、その世代のCPUを中古で買ったほうがコスパ最強だ。
そうすれば、お金をあまりかけずに長く今のパソコンを使い続けることが出来るのだ。


*** スポンサーリンク ***

10年以上前のパソコンでも買取り価格が付きます!


[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!





テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

ゲームをするならサウンドカードをつけよう!





こんばんわ、にゃんたです。
今週の日曜日、ハードオフで欲しかったサウンドカードが売っていたから買ってきた。
20151019.jpg

サブPCの方にはふっるいサウンドカードがのっているんだけどメインPCの方にはつけていなかったんだ。
だからメインPCでゲームをやると音がショボ過ぎてヤル気がなくなっちゃう。
サブPCにのっているサウンドカードは17年前のモノだけど確実に現在のオンボードサウンドより音がいい。

サウンドカードをつけることによってノイズがなくなって音がクリアになるしサラウンド効果もつくからゲームをやっていると臨場感がハンパない。
特にレースゲームはエンジンの音がリアルになるね。
実際にその場にいるんじゃないかって誤解するぐらいリアルになる。

ただし、中にはサウンドカードをつけても音の違いが分からない人や特に変わらないという人がいる。
そういう人はもしかしたらスピーカーが貧弱なのかもしれない。
考えてみてほしいんだけど例えば・・・ハイレゾ対応のプレイヤーを買ったけれどヘッドホンが100均のヘッドホンだったらプレイヤーの能力が活かされない。
スピーカーもピンキリだけど見るからに貧弱そうなものは避けた方がいい。

さっそく今回買ったサウンドカードを実装してみる。

たまんねぇ~ぐらい音がいいっ!

音のメリハリや質がクッキリ、ハッキリ分かる。
ゲームも臨場感アップしている。
スーパーストリートファイターを実験でやってみたけれど自分がゲームセンターにいるような感じでプレイできる。

大げさに感じるかもしれないけれど本当だ。

もし、あなたが今のパソコンの音に不満ならば騙されたと思ってサウンドカードを買ってみてほしい。
ノートPCならばUSB型のサウンドカードも売っているので検討してみよう。


051.gif

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!


パソコンからデジタル家電まで【ショップインバース WEB本店】



テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

WindowsアップデートでSafeDisc対象のゲームが出来ない【KB3086255】





今日はPCゲーマーには衝撃の事実を紹介しよう。
愛すべき相互リンク、極東ゲームレビュー館 二条ジョウ様のとある記事。
【この前のWindowsアップデートで昔のPCゲームが起動しなくなった!!・・・その解決方法。】
記事はこちら

なんとWindowsのアップデートをすると起動しないゲームがあるらしい。

なんですとぉぉぉーーーーーーーーーーー!

ホント二条様も言っている通り昔のゲームをやるにとっては死活問題なんですよ。

対象のゲームはパッケージ版でSafediskやSecuROMがコピーガードとして入っているものが対象だ。
対象といっても僕は正規版を買っているわけだからどのゲームがSafediskやSecuROMが入ったゲームか分からない。
分からないからこそ、その内インストールしたら
「うごかねぇぞ!」ってブチ切れそうだ。

回避する方法は二条さんのブログに書かれている方法を実行すればいいみたいだ。
今のところ、これしかやりようがないみたい。
ただし根本的な回避方法じゃないんだよねぇ。。

本当に拘るならば僕みたいに旧OS(XP、2000)の入ったサブPCを作ってやるしかないね。
ただ、この方法は時間やお金、なによりとてつもない労力がかかる。
ただし、もうサポートが終わっているがゆえにOSが変更されることがないから今回みたいにゲームがいきなり出来なくなる事態になることはない。

他の方法としたら・・・VMwareといった仮想OSを使う方法かな。
これは現実的じゃない。
なぜならVMwareでゲームをやると通常よりも重くなるからだ。
つまりホストOS(起動しているOS)に対してゲストOS(仮想OS)を起動させるから重くなる。
ハイエンドPCをもっている人ならばいいけれどゲームがフルスクリーンに出来ないからオススメ出来ない。

まとめ
多分、これから対応できないソフトが出てくると思う。
その為にどういう手段で対応すべきか考えなければならないだろう。

※やる時は自己責任でやってください。
僕や二条様に苦情を言わないでね。




あなたの応援クリックお願いします(´∀`)



PCスピーカーには気を使おう!





こんにちわ、にゃんたです。
一週間ぶりだね。

サブPCとメインPCでスピーカーを共用するためのスピーカを買っちゃった!
20150719-スピーカー


毎回毎回、ケーブルを付け替えるのがさすがに面倒で仕方なくて・・・・・。
入力が二系統あるスピーカーを探していたらこのスピーカーが当てはまった。
実際に取り付けて聞いてみると全然、違う。

今まで僕はモニターのスピーカーを使ってたんだけどこんなに違いが出るとは・・・。
こんな貧弱なスピーカーで満足していた自分がアホみたいだ。
もう、音の立ち上がりや音の質感が全然ちがう。

これは実際に体験してもらわないと分からないけれど興味があれば買ってみて体験してほしい。
お値段3000円弱とお安く環境がアップグレードできるからおススメだね。
こんな深みのある音でゲームをやってごらんなさいよ(笑)
今までとは違う感じでゲームが出来るよ。
まぁ~高価なスピーカーにすればもっといいんだろうけど・・・。

ちなみに僕はこのスピーカーで「ザナルカンドにて」を聞いたら音が違いすぎて泣けました。


次!これ!
20150719-2.jpg

「なんじゃこれ?」思うでしょう(笑)
これはキーボードとマウスを切り替えるスイッチだ。
今まではサブPCを使うときにはキーボードとマウスのUSBをメインPCから外して使っていた。
一回や二回だったらまだいいよ。
それが何十回も続いたらサブPCを使うのが嫌になっちゃう(笑)
モニターはDVI端子とD-sub端子がついているからDVIはメイン、D-subはサブで分けているから問題ない。

アマゾンで探してみるとモニターとキーボード、マウスを切り替えるものならゴロゴロあるけれど
マウスとキーボードだけって少ないのね。
今回はこれが評価が高かったから買ってみた。

使ってみるといやぁ楽だねぇ(笑)
こんな便利なモノが売っていたとは知らなかったよ。


051.gif

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!


10年以上前のパソコンでも買取り価格が付きます!





テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

SSDはおすすめのPCパーツだっ!





こんにちわ、にゃんたです。
今日はゲームの話ではなくパソコンの話をしよう。
タイトルにもあるとおりパソコンにSSDを増設してみた。
20150519.jpg


なぜならWindowsの起動がいい加減、遅すぎて遅すぎてイライラ。。。。
たぶん、完全に立ち上がるまでにカップラーメンが出来上がるくらい時間がかかってた。
起動した後は特に問題なくサクサク動くのだが・・・。

ということで問題を切り分けしてみた。
「それはCPUの問題と違う?」と思うだろう。
確かにセレロンなんてローエンドなCPUを使っているから処理が遅いと思う。
しかし・・・起動した後ちゃんとコピコピ動くのでそれは問題ない。

となればDIMMか?
DIMMは8GBのせているから特に問題もないだろう。
残るはHDDがトロイという結論に至った(笑)

ということでSSDを実装してWindowsをインストールしたらヤバイくらいサクサク動く!
CPUの問題ではなかったのだ。
これをベンチマークで表すとこういう結果になった。
(時間がなかったので一回しかテストしなかったけど・・・)
ベンチマーク

左がSSDで右がHDD。
数値が大きいほど性能がいい。
ReadはSSDの圧勝だ。
ここまで来ると実際に体感できる。

SSDの特性上、WriteはHDDに負ける場面がある。
これはHDDはデーターを上書きできるのに対しSSDは上書きができないからだ。
SSDの場合はデーターを一旦消してからでないとデーターを書き込めない。
その分、アドバンテージが出るからHDDには負ける。

なのでSSDはデーター保存用には向いていない。
使うならば読み込みを頻繁にするシステムディスクにして使うものだ。
とはいえ、ただ起動が速くなっただけなので処理が速くなったわけじゃない。
最新のゲームをインストールして動かしたら確実に処理落ちしてしまう。
そこはCPUの仕事だろう。

ただ・・・僕のマザーボードは古いものでSATA2規格だ。
残念ながらSSDとHDDが本来の力を出し切っていない。
SATA3規格のマザーとCPUを買えばさらに倍の速さを体感できるらしい・・・。(理論値ではね)
この機会にマザーボードとCPUを買い替えようかなぁ。
とはいえSATA2でも上のベンチマークの通りHDDの能力を上回っているから十分、速さを体感できるのは間違いない。

あなたも機会があればSSDを購入しシステムディスクとして運用してみてはいかがだろうか?
HDDがクソのように遅かったことを思い知るだろう。

051.gif

[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!


10年以上前のパソコンでも買取り価格が付きます!





レビューは必ず見よう!





欲しいソフトが見つかったらまずゲームが求めている環境と自分のPCの環境のチェック。
最後に一つあげるとするならばレビューは必ず見よう。

レビューはそのソフトを買った人の批評が書かれている。
ソフトを買った人はまだプレイをしていないからそのソフトが面白いのかどうかが分からない。
ただし、ゲームの中身を知らなくても知ることができるのがレビューだ。

PCゲームの場合、面白いのかとは別に「ちゃんと動くのか」という問題もある。
中には致命的なバグがあってゲームがある場所から進まないというものもある。
それをレビューを読むことによって知りそのゲームを買うか再検討することができる。

レビューでチェックしてほしいのが
「推奨環境を満たしているのにハイクオリティにできないゲームかどうか?」
という書き込みがあるかだ。

たとえばFF13の初期のバージョンは解像度固定でユーザーから不満のレビューが多かった。

Steamレビューより
レビュー1


既に購入した人がいるからこそレビューによって知ることが出き賢い買い物をする事が出来る。
実際に僕はレビューを読んで買い控えした。
※尚その後のアップデートで解像度変更できる仕様になった。

最近のものであればデッドオアアライブ5だ。
フルプライスで発売したくせにPS版の劣化移植というレビューが山のように出てきた。

Steamのレビューより
レビュー2

こういうレビューを読めば
「PC版はイマイチだからPS版を買おう」
という新たな違う判断をすること出来る。

僕は前の記事で買いたいなーと書いたけどこの記事を見て買うのは控えた。
だから・・決済ボタンを押す前に必ずレビューをみよう。

あと・・・当たり前だけどレビュー投稿者が多いほど信憑性は高く投稿者が少ないほど信憑性は低い。
ゲームの面白さは人それぞれだけど多くの人が絶賛するゲームであれば信憑性は高い。
逆に1人だけが低評価ならばそのレビューは信憑性は低い。


あなたの応援クリックお願いします(´∀`)




テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

PCゲームをやるための準備





質問サイトを見ると「このゲームは僕のパソコンで動きますかぁ?」という質問が多いが
次のポイントさえ知っていれば問題は解決するし回答者からの罵倒されずに済む。

今日はPCゲームを買う際に確認することがいくつかあるので紹介しよう。

■まずゲームが求めているPC環境を調べること
これを必ずしないと買っても自分のPCで動かないというハメになってしまう。
調べ方は現在ならほとんどダウンロード販売が主流なのでそのダウンロード販売サイトへ行く。
つまりSteamまたはOriginへアクセスするということ。

まずはSteamから説明しよう。
ストアで欲しいゲームをクリックする。
例えばFINALFANTASY13-2の場合なら販売ページを下にスクロールするとシステム要件の欄がある。
steam.jpg

steam1.jpg

その中にあるMINIMUMは必須環境で自分のPCがその構成以上でなければ動かない。
RECOMMENDEDは推奨環境でこのぐらいの性能を持っていれば動くだろうというスペック。

Originの場合も同じように欲しいゲームをクリック
ti1.jpg

詳細情報をクリックして動作環境をクリックすると次の画面になる。
ti2.jpg


■次に自分のPCがシステム要件を満たしているかを確認する。
一番簡単な方法はWindowsのスタートボタンを押してファイル名を指定して実行を選択する。
テキストボックスに「dxdiag」と入力する。
するとDirectX診断ツールが開く。
最初のシステムタブではOS、CPUの種類、DIMMの容量が記載されている。
ディスプレイタブではビデオカードの種類が記載されている。
HDDの容量はマイコンピュータまたはコンピュータで調べることができる。

■両者を比較して妥当かどうか確認する。
推奨環境をクリアしているならば何も気にせず買って大丈夫だが中には必須環境と推奨環境の中間という場合もある。
この場合買ってプレイすることは出来るけれど処理落ちして動きがガクガクする可能性がある。
それに耐えれるかどうかだ?
もちろん、お金があってパーツを買い替えることができるならば変えた方がいいだろう。

■必須環境に満たない場合は?
素直に諦めた方がいい。
この場合はパーツを買い替える選択肢しかない。

パソコンパーツを買う場合は近所にPCパーツを扱っているショップがあればソコを扱うようにするか
僕の場合はアマゾンとドスパラを使っている。







テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

PCゲームをやるならコレだけは買っておけ!





今日もハードオフへ行ってきましたっ!

欲しいものは腐るほどあるんだけどなかなか置いていない(泣)

しかーし!今日は掘り出し物があったのでシェアをするね。

ずっとPCゲームをやってきて不満に思っていたのがコントローラーなの。

PC用のコントローラーも売っているけど耐久性がコンシューマ機と比べると弱すぎる。

使ったことがある人は分かると思うけど

本当にヘタレで2~3千円もかけて買ったのにすぐベッコベコになるなんて日常茶飯事(>_<)

あと・・・一点あって日本ではPSが売れているけど

海外ではXboxが売れていてPCゲームの方でもゲームコントローラーのキーがXbox用に用意されているんだ。

別にPSのコントローラーを繋げて出来ないこともないけど

メッチャゲームがやりにくい(ノД`)・゜・。


ラストレムナントのPC版なんて完全にXbox用でそれをPSコントローラーでやったらやりにくいこと、やりにくいこと。

だから前からXbox360の有線コントローラーが欲しいと思ってたんだよね。
アマゾンで調べるとお値段3000円近く・・・。

たっかー!!!

ビンボー人の僕にゃ手が出ません。

だから今まで買うのをためらっていたんですがね・・・

今日、ハードオフのジャンク品のコントローラーの箱をガサゴソしていたらありました!

コントローラーきったないけど315円!

おーー神様仏様!!

生きててよかったぜぇ!!

ボタンが押せるかどうか確認して速攻、レジに並ぶ。

多少、汚くたってオッケーなのさ。

こういう時のために100均でアルコールとガーゼ、爪楊枝を買っておいたんだから。

帰ってゴシゴシしてやれば見違えるほどキレイになるのさ。

↓ゴシゴシハァハァしたあと
コントローラ


僕はこの時がたまらなく好きさ。

ゴミ当然の価格で買ってキレイに掃除して新品同然に使う。

もし、あなたがお金がなくて新品を買えなくてためらっているならハードオフを覗いてみてください。

もしかしたら置いてあるかもしれない。

もしあったら、躊躇わずに買っちゃいましょう(´∀`)

僕がハードオフに行った時にワイヤレスのXbox360コントローラがあったの。

今回は有線のXbox360コントローラを買ったけど買った後に

「やっぱワイヤレスのコントローラも買っとこうかなぁ」

と思って3時間後にもう一度行ったら既になかった。

ああいうところはパーツを安く買いたい人で群がっているから欲しいものがあったらすぐに買うべき。

買うのは有線のXbox360用のコントローラですよ!


間違えないでね。

ワイヤレスのXbox360用のコントローラでも使えないわけではないけれど

電池交換したり超面倒です、ホント(電池消費がハンパない)。



あなたの応援クリックお願いします(´∀`)



テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

日本のゲームダウンロード販売サイトの実態





日本のゲームを取り扱ったダウンロード販売サイトもあるのかと探してみたらありました^^;
その名もMagino Driveです。

ウェブサイト

この販売サイトはSteamを見本に作成したそうですがオススメしません。

まだ配信数が少ないのと

金額が高いの一言に尽きるでしょう!

この販売サイトを使うぐらいなら中古ソフト販売店を探してパッケージソフトを購入した方がいいです。

この販売サイトで購入できるイース オリジンの価格は3800円です。

僕が中古ソフトショップで購入した金額は480円です。

ボッタクリじゃねぇーか!

他にも日本ファルコムのゲームは3800円で販売してますが・・・

中古ショップで3800円払えば全部集める事も可能でしょう^^;

しかも日本ファルコムの場合、パッケージ版だと初回限定版が安く購入できて

なおかつオマケがついてくるのでパッケージ版を買った方が断然お得です。

僕が持っているザナドゥ ネクストの場合、
パッケージ版だとPCエンジン版の「風の伝説 ザナドゥⅠ Ⅱ」をPCで遊べる仕様にしたディスク付です。

しかもですよザナドゥネクストの設定資料集付です。

ここであなたに問いたい^^;

ダウンロード版を高額金額を払ってゲーム単体を買うのとパッケージ版を安く購入してしかもオマケが付くならどっちを選びますか?

答えは分かりますよね。

もう10年前のゲームを3800円ってナメてるとしか言いようないです。

これが実態です。

日本のダウンロード販売サイトは中古でパッケージ版を買った方がずっと安く済むのに高い金額で買わせます。

ゲームっていうのは多くの人にプレイをしてもらってナンボの世界なのに・・・。

プレイステーションでも初期のプレイステーションのソフトなんか1本600円で販売しているから手を出しやすいわけじゃないですか。

wiiでも安く販売していますよね。

MaginoDriveはこういう意味でオススメは出来ません。

他にもDMM.comがありますがパッケージソフトを購入した方が安いですね。

他にはEGGプロジェクトというダウンロード販売しているサイトがあります。

この販売サイトはレトロゲームをPCで出来るようにしたゲームを販売しています。

価格も手を出しやすい価格で500円のものが多いです。



あなたの応援クリックお願いします(´∀`)



SteamとOrginの支払い方法





Steamでアカウントを作れましたか?

Steamのゲーム購入ではクレジットカードが必要になります。

このブログを読んでいる人で事情があってクレジットカードを作れない人もいると思います。

僕もね、事情があってクレジットカードを持っていません。

だけどSteamを使っています。

どうやって使っているのかというとデビットカードを発行してクレジットカードの代わりに使っています。

このデビットカードというのは何ぞや?

というとクレジットカードの場合、カードの借り入れ残高に応じて買い物をすることが出来ますよね。

デビットカードはカードに入金した金額の範囲に応じて利用することが出来ます。

このデビットカードは日本の銀行で発行してもらうことができます。

発行は15歳以上であれば誰でも発行できクレジットカードの様に審査もありません。

ですから高校生でも決済をすることが可能です。

EA originの場合も同様にデビットカードを使うことができ、コンビニ決済も可能です。

ですので、クレジットカードを持っていないから利用することが出来ないということはありませんので安心して使ってください。

※ついでにいうとデビットカードは一枚は発行しておいたほうがいいです。

なぜなら、インターネットの電子コンテンツも購入できるしリアルの買い物でもデビットカードで支払うことができるからです。

前にも書いた様に入金金額の範囲でしか利用できませんから
クレジットカードの様に購入しすぎて支払い困難になることもありません。

デビットカードを発行してくれる銀行は
http://www.visa.co.jp/personal/cards/visadebit.shtml
のページの下に発行銀行が書かれていますのでお好きな銀行を選んで作成してみてください。



あなたの応援クリックお願いします(´∀`)



カウンター
今までブログに来ていただいた方
プロフィール

にゃんた

Author:にゃんた
1978年生まれのゲームジャンキー
8歳の時にファミコンに出会いゲームにドップリとハマる。
今ではレトロゲームとPCゲームにハマりすぎて自分が何のゲームをやっているのか分からない状態(笑)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク