スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーズワースWindows95・98版をWindows XP・10にインストールしてみた

こんにちわ、にゃんたです。

今日は駿河屋から荷物が届いた。
WP_20170209_19_17_08_Pro.jpg

この箱の中には・・・・
どーん!

ワーズワースなのだ!

WP_20170209_19_19_53_Pro.jpg

WP_20170209_19_20_35_Pro.jpg

しかもWindows95・98版。

・・・・わざわざこんな大きな箱に入れて送ってくれなくてもいいのに・・・。

前にコメントでエルフについて書かれてた方がいて
「あ~ワーズワースなんて懐かしいなぁ。久しぶりにやりたいなぁ」
なんて思っていたんだ。

ワーズワースを知らない人は動画を見てみてねん。

昔、よくあった3Dダンジョン形式RPGといえばいいのか?
ファルコム風で言えばダイナソア?

僕はこういう3Dダンジョン形式のゲームってあまり好きじゃない。
なぜならマッピングしないといけないしめんどくさい。
その点、ワーズワースはマップを記録してくれるから苦じゃなかった。

遺作やダイナソアはマップを自分で記憶しなきゃなんないから苦痛だった。
遺作は単純だからいいけどさ。

このワーズワースは本当にWindows95・98限定でしか動かないソフトなのね。
一応、XP版も発売されているけれどプレミア価格で鬼高い。

ちなみに今回、買ったWindows95・98版は320円。
XP版はなんと!8000円近くする。

なにこの違い。
プレイしたいけれど高すぎる。。。
なんとかXPでWindows95・98版を動かせないものか?
ネットを徘徊していたら動かす方法があった!

参考にしたHPはこちら。
http://inanna.sakura.ne.jp/wordsworth.html

情報ありがとうございました!

僕は昔、XPにワーズワースをインストールして動かなかったから売り払ってしまった。
もし起動できるなら今でもプレイしたくて買ってみたんだ。
まぁ、これで動かなくても320円・・・送料を含めれば600円ぐらいか。
ブログのネタにもなるしまぁいいか(^^♪

これが8000円だったらねぇ・・・。

※以下のやり方で動かなくても保証しません。
ましてや、ハードやシステムが破壊されても保証しません。
この記事はこの環境、やり方で動いたよという報告です。
過度の期待はしないでください。


まずはXP。
僕のXPの環境は
CPU Core2Duo E6600
メモリー DDR3 4GB
グラボ GT710
サウンドカード Creative サウンドブラスター
OS Windows XP HomeEdition

まずはワーズワース Windows95・98版をインストールする前に・・・。
エルフのホームページから『ワーズ・ワース』Windows XP用インストーラをダウンロードする。
https://www.elf-game.co.jp/usersupport/sup_02_d.html
ワーズワース Windows95・98版からインストールするとアンインストール出来なくなるのでダウンロードした方がいい。
インストールの手順は上のHPから確認してほしい。

そして今回、参考にさせていただいたやり方だと・・・

①ゲームをインストールする。DirectXはインストールしない。
XPには添付されているDirectXをインストールする必要はない。
Netshowplayerがインストールされていない場合はDISK1のNSPLAY.exeからインストールする。

②Disk2のdirectxフォルダからd3drm.dllをゲームをインストールしたフォルダにコピーする。(これはXPの場合、意味あるのかわからない。)

③exeファイルを互換モードで起動する。
多分、Windows95でも98でもいいかもしれない。

④起動をしたら環境設定でグラフィックボードの設定をOFF。
この設定を有効にしたとたん、強制終了するけれど再起動すると設定変更されているから大丈夫。

すると!あら動くじゃないっ!
でも、何かがおかしい・・・。
耳を澄ますと音飛びしているじゃないかっ!
一応、サウンドカードやDirectXの設定を見直してみたけれど駄目だった。
もしかしたらサウンドカードを外せば行けるかもしれないけれど・・・。
めんどくさいからやらない。

結論、無音にすれば動く(笑)

あぁあ~動かないのか~。(無音なら動くけど!)
前回の記事で600円なんて損しても屁のつっぱりにもならんわ~なんて思ってたけど、やっぱりちょっと凹む。

正直、windows10の実証をやるのはどうしようかと思ってた。
だって、エルフが検証してXPは動かないよって言っているぐらいだからWindows10なんかもっと望みが薄いんじゃないかね?
XPにインストールしてこのザマだしさ。

まぁ何はともあれインストールしてみよう。

Windows10の環境は・・・
CPU Core i3 2120
メモリー DDR3 8GB
グラボ GTX650
サウンドカード オンボード
OS Windows 10 無印

インストールのやり方は同じ。
ダウンロードしたインストーラでインストール。
②をかならずやらないと起動が出来ないので注意。
無題

あとWindows10で過去にワーズワースを検証した人はインストーラが動かないかもしれない。
その場合はレジストリを確認したほうがいいかも。
参考HP
https://www.elf-game.co.jp/usersupport/sup_07.html

で起動すると!
やっぱり音が飛んでるなぁ~。
ともあれ環境設定でグラボの設定をOFFにしてと・・・
僕の環境では強制終了ではなくフリーズしてしまうのでスタートボタンからPC再起動した。

そしてワーズワース再起動!

ん?


んんんんんん?


んんんんんんんんん?


音飛びしないんだけど!!!!!!!!!!!


こんなことがあっていいわけ?
まだ初めの方しかプレイしていないけれど問題なさそうなんだけど・・・。
XP版をわざわざ大金をはたいてかうひつようないぢゃん!

ちなみにゲームの終了はゲームのメニューから終了するとフリーズしてしまう。
なので今回、参考にさせていただいたHPにも書かれているとおり
ALT+TABでデスクトップに戻ってタスクマネージャからWWBASEを終了させる。

やっぱXPのマシンはサウンドカードが問題なのかなぁ。
サウンドカード外したくないしなぁ。
ワーズワースに興味がある人は試してみてはどうでしょうか?

もちろん仮に動かなくても保証しませんが・・・。



スポンサーサイト

XPでGeforceを搭載した時のブルースクリーンの対処方法

こんにちわ、にゃんたです。
今日はXPでGeforceカードを取り付ける際の注意点を紹介しよう。
※ここに書いてある解決策が必ずしも解決へ導く方法ではないのであしからず。

僕のサブマシンにはGeforce GT710を搭載しているんだけど買った時から調子が悪かったんだ。
症状としては
■2Dゲームをプレイした後、3Dゲームをプレイすると瞬速でブルースクリーン。
■3Dゲームをプレイした後、3Dゲームをプレイすると瞬速でブルースクリーン。
の二点。

まぁ3Dゲームをプレイするとブルースクリーンになるってことだ。

ブルースクリーンの内容は画像をごらんあれ。
20160922.jpg

nv4_dispっていうのはグラフィックカードのドライバの事を言っている。
つまり僕のショボい英語力で訳すと
「nv4_dispが悪さをしているから提供元から新しいドライバをインストールしなさい。
この障害の内容を物理メモリーに記憶した」
ってことを言っているんだと思う。



考えられる原因としては
■電源が足りない。
■そもそもGT710がXPに対応していない。
■グラフィックボードの初期不良。

■電源が足りない。
一応、僕の構成だとそれはありえない。
現在、積んでいる電源は400W。
Core2 DuoとSSDぐらいしか積んでいないのでこれで多く見積もって100W。
GT710は20Wぐらいしか消費しない。
トータル120Wなので電源は足りている。

■そもそもGT710がXPに対応していない。
添付されている媒体にはXP版のドライバは収録されていないけれどNvidiaのページにはXP版のドライバを配布している。

■グラフィックボードの初期不良。
一番、判断が難しかったのがコレ。
普通にエクセルやワードを使う分には問題ない。
ただ、3Dゲームをやるときだけ落ちるっていうのがどうも納得いかない。
初期不良ならば2D/3Dゲーム関係なく落ちると思うんだ。

なんかメモリーあたりが悪さしているような気がするんだよねぇ。
僕のマザーボードはソケット775版でDDR3を実装しているから相性が悪いのかななんて思ったりした。

ということでネットで答えを検索。
調べてみるとXPでのGeforceの不具合って多いんだね。

考えられる解決策は
■最新もしくは過去のドライバを試す。
■サウンドアクセレータのゲージを今よりも落とす。
■PhysXプロセッサを自動選択から搭載したカードに変更する。

・・・・端からやってみたけれど解決しませんでした。

GT710を買って半年たつけれど半ば諦めてました。
だからもう、サブマシンでプレイするって言ったら専ら2Dゲーム。
3Dゲームを連続でプレイする場合は再起動して3Dゲームをプレイしていた。
初期不良も疑っていたから中古でRadeonでも買おうかと思っていた。

そんな時、画面のプロパティの詳細設定を見ていたんだ。
20160922-1.jpg

そうしたらライトコンバインとか意味不明なものにチェックがついていた。
何の根拠もないけれど「コレを外したら今までの悩みもスッ飛んでくれるんじゃね?」
と思って解除。

次に3Dゲームを連続で起動してみるとあら不思議。
全然、ブルースクリーンにならない!
初期不良でなくて良かったよぉ。

ちなみにライトコンバインとは何かというと
ビデオメモリーとは他に物理メモリーにキャッシュを作って表示を速くさせる機能みたい。
グラフィックカードを積んでいるならば無用な機能だね。

もし同じ症状で悩んでいるならば一度、試してみてはいかがでしょう。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

XPマシンにSSDをつけてみた!

こんにちわ、にゃんたです。
最近、クラウドワークスの報酬が入ったのでサブマシンのHDDをSSDに変えてみた。
今まで入っていたのがIDE接続のHDD。
これでオブリビオンなんてやった日にゃ読み込みが遅くてやってらんない。
もうこうなったらHDDをSSDにしちゃおうと思ったんだ。

それで調べてみると・・・
さすがにXPは完成度が高いけれど古いOSなのでSSDを使う想定で設計されていない。
SSDが使えるように設計されたのがWindows7みたい。

XPでSSDを使うと何が問題かというと本来は使える機能が使えない。
それがTrimという機能。
この機能を使わないと徐々にSSDの速度が低下していくみたい。

だけどTrimを使えなくても一旦、SSDのデーターを消去して初期状態に戻すことも出来るから救済処置はあるからご安心を。


XPでSSDを使うためには!

SSDを買って取り付けてコピー元のHDDのデーターを引っ越しても使えない。
そのためにするのがアライメント。
アライメントは難しい説明なのでこちらのリンクを参考に・・・。
記事はこちら

難しいでしょう(笑)

僕はアライメントをするためにEaseUS Todo Backup Freeを使った。
詳しい説明はこちらのリンクを参考に・・・
記事はこちら
これで一応、元HDDのデーターを最適化してクローン化することが出来る。

その後、設定に入る。
僕はここを参考にやってみました。
記事はこちら
ただし!
【「ディスクの書込みキャッシュを有効にする」のチェックをはずす。】
はやらなくていいかもしれない。
これをやると4kのベンチマークの値がガッツリと落ちる。

ではベンチマーク行ってみよう。

サブマシンに入っているセカンダリIDE接続のHDD
HDD xp
おっそいなぁ~これじゃオブリビオンの読み込みがネオジオCDレベルになるわな。

交換したSSD(SATA2接続)
ssd xp
ほとんどの値が10倍~20倍以上上昇。
Writeの4kに関しては飛躍的な上昇をしている。


メインマシンに入っているSSD(Windows10、SATA2接続)
Windows10.jpg
さすがにWindows10はSSDを使えるように設計されているから4Kの値もいいね。
とはいえXPマシンのベンチと大きな変わりはないだろう。

ということでメンテナンスが必要だけどXPにSSDもアリと言える。
Windowsの起動、終了は体感的に早くなったと感じる。
しかもだ!オブリビオンのネオジオCD並のローディングも回避できた。
延命処置としてSSDどうでしょうか?



051.gif

ドスパラでSSDが大安売り中っ!


テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

久しぶりにハードオフでジャンク品を買ってみた!

こんばんわ、にゃんたです。
最近は前にも言ったように仕事漬けでゲームもあまり手につかない毎日だよ。
休みの日も家でポチポチとパソコンと睨めっこしながら仕事をしている。
でも、このブログは続けていくつもりだから安心してね。
(更新が減りつつあるのはご勘弁を・・・)

今日は最近、会社と家以外の場所に外出していなかったから時間を作って出かけてみたよ。
僕は神社が好きなんだ。
あの澄み切った独特の空気が疲れた体を癒してくれるんだ。

もし、疲れている人は行ってみて騙されたと思って神社のベンチに座ってみてはいかがでしょう?
出来れば近所の神社でもいいけれど地元の神社で有名なところがいいと思う。
理由はキレイだし整備されているから。

とまぁ話がずれたけれど帰りにハードオフに行ってみた。
ホント久しぶりだねぇ。
だけど・・・もうやりつくした感があって欲しいものが見当たらない。
パソコンのパーツもいらないしなぁ・・・。

ガサゴソしたらゲームボーイアドバンスを発見!
20160326.jpg

20160326-1.jpg

シールがベタベタ貼ってあるけれど108円なら買いでしょう!
シールなんて剥がしてキレイにすればいいだけの話なんだから・・・。

さて家に帰って掃除をしてみる。
用意するものはアルコール、爪楊枝、綿棒。
けっこう、汚れているけれどコレはコレでいい!
だって汚れているだけキレイにしがいがあるし復活したら嬉しいじゃない。

掃除が終わったら電源をオンにしてみると・・・電源が入らない(泣)
何回かONーOFFを繰り返すと一瞬ついたけれどすぐに画面が消えちゃう。
んんんん・・・・・・・接触不良か!
ということで分解開始!

ゲームボーイアドバンスはゲームボーイと同じくY字ドライバーで止まっている。
20160326-2.jpg

あと電池BOXの所がプラスネジで止まっている。
20160326-3.jpg

外枠はY字ドライバーで外して電池BOXのネジを外すと基板にご対面。
ついでなのでLRボタンももっとシコシコ清掃しちゃう。

問題の電源スイッチのところ。
画像では見えないけれどゴミが多くついていた。
20160326-5.jpg

本当は接点復活剤を使えばいいらしいけどないからスイッチの周りをキレイにした。

掃除した後、電源ONにするとさっきよりは大分、マシになったよ。
最初はうんともすんとも言わなかったからねぇ。
機会があったら接点復活剤を買って直したいと思う。


ジャンク品のCPUでマシンをアップグレードしよう!

こんばんわ、にゃんたです。
今日は久しぶりハードオフに行ってきた。
去年のクリスマスから風邪をひいてしまい長期連休は寝込んでいたから行けなかったんだ。
まぁ世間は僕に関係なく正月休みで大掃除をしてハードオフにいらない物を買い取ってもらったとにらんでおります(笑)

僕の思惑通り前からほしかったCPUが売っていた。
20160117.jpg

ノースウッドのPentium4 2.6Ghz キャッシュ512Kb!

お値段は100円!
もちろん、安いのは理由がある。
CPUの裏のピンが曲がっているんだ。

20160117-1.jpg

画像がキレイじゃないから分かりにくいと思うけどピンが曲がっているのが分かると思う。
曲がっていたのはこの面だけではなく他の面も曲がっているピンがあった。

ピンが曲がっているとどうなるか?
マザーボードのCPUソケットに実装することができないのだ。

僕の判断基準として曲がっているのはOKだ。(極端な曲がり方は駄目だけど)
ただし、ピンが折れているのは問答無用でNG。
ピンが折れていたらそもそもBIOS上でCPUが認識しないからね。
あとはピンの状態を見て自分で修理が無理そうだと思うなら諦めることだ。
この直感は意外に当たる。


ちなみに僕のサブマシンのスペックは
OS Windows Xp
CPU ウィラメット Pentium4 2.0Ghz キャッシュ256Kb
DIMM 2GB
グラフィックボード Geforce 5700FX(VRAMの容量忘れた。)


なぜ、このCPUが欲しかったかというと今のサブマシンのCPUが初期のPentium4だったからだ。
ウィラメット世代のCPUはキャッシュが256kbで周波数が2.0Ghzが限界。
ノースウッド世代はキャッシュが512kbで2.0Ghz以上のCPUがあるからだ。
しかもウィラメット世代のCPUよりも電力がすくなくなった。
よって、このジャンク品のCPUがちゃんと動けばちょっとパワーアップできる寸法だ。

ということで直してみよう!

用意するものは
■ピンセット
■やる気と根性


以上!

できればsoket478のマザーボードがあればいいね。
これはちゃんとソケットにCPUが実装できるか確認するためだ。
ない場合は今使っているマシンのCPUを引っこ抜いて確認しながらやってみてほしい。

あとは簡単で曲がっているピンを真っ直ぐに戻すだけ。
あんまり力を入れるとピンが折れる可能性もあるから注意してね。
調整が出来たらソケットに実装してみる。
これで入らなければまだどこかのピンが曲がっているってことだから再調整をする。
その繰り返し。

やるのはこれだけなんだけどハンパなく目が疲れるんだよ!
CPUに478本のピンがビッシリ立っているから間違って違うピンを曲げたりするし。
ちゃんとソケットに入るようになるのに1時間ぐらい調整したからねぇ。
物によってはそのぐらい時間がかかることは覚悟してほしい。
まぁ~元がジャンク品だから動けば儲け物っていう感じで作業するといいかもね。

ということでちゃんとCPUがソケットに入るようになりました。
そのCPUを今度は保守マシンに実装して実験。
するとちゃんとBIOS上で認識しているのを確認できたので今度はサブマシンに実装する。

動いたー!!!

いやぁ~今日はいい買い物しましたねぇ(笑)
これでイース オリジンとフェルガナの誓いが最高品質で動かせるっ!
Pentium4 2Ghzでも動くには動くけど最高品質だと重いところだとコマ落ちするんだよね。
まぁメインPCでらくらく動かせるけどゲームの途中で不具合が出るのも面倒だ。
それだったら最初から対応OSでやったほうがいいもんね。

※修理するときは自己責任で行ってください。
破損しても責任はもちません。


051.gif

10年以上前のパソコンでも買取り価格が付きます!


[Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!


テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

PC-98エミュを動かしてみよう!? その4

こんばんわ、にゃんたです。
PC-98エミュレータを使って遺作を一通りプレイしてみた。
20160128-3.jpg

エミュレータの完成度がメッチャ高いねぇ。
ゲーム機のエミュレーターの用に音が途切れたり画像が乱れたりすることがなかった。
実機を使ってプレイしている感じに近いね。

ということで今日は遺作について書こうかな。
ストーリーや内容は後にして最初に書きたいのはグラフィック。
PC98版は16色という限られた色でゲームを構成している。
これ実際に見てもらえれば分かるけれど
「本当に16色か?!」
と思うほどキレイ。


一応、遺作は
Windows95版(256色)とHighColor版が発売されている。
256色版はもう廃盤になったのかな。
現行で売られているのがHighColor版。

そりゃ256色版やHighColor版と比べれば256色、HighColor版の方がキレイだよ。
だけど、思い出してほしいんだ。
フロッピーディスク7枚の容量の中にこれだけ美麗なグラフィックを叩きこむってそうそう簡単なことじゃないと思う。

ユーノも16色で制作されたみたいだけどどうみても16色に見えないね。
僕が最初にやったのがサターン版でその後、Windows復刻版をやった時にちょっと違和感を感じたぐらいだったもの。

この点はエルフの技術力の高さなんでしょうね・・・。
というかPC98にこんな力があったなんて知らなかった・・・。


051.gif

『駿河屋ゲーム』最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!
ありとあらゆるゲームが揃っています!


古いゲーム売るならヤマトク



テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

FreeDOS(98)にFDDを読ませるっ!訂正版

こんばんわ、にゃんたです。
今回はtensorさんからホットなコメントをいただきました。
(前回のFreeDOS(98)にFDDを読ませるっ!からのコメント)
ありがとうございます。

コメントの内容は

FreeDos(98)の開発?をやっている人がいて、現在のバージョンはドライバを組み込まなくても、FDイメージの読み書きが可能になっています。
下記URLを参照してみてください。


http://bauxite.sakura.ne.jp/software/dos/freedos.htm

とのこと。

さっそく、URLに行ったら起動フロッピーディスクイメージ(2HD)をダウンロードしよう。

このイメージをエミュレーターに読ませると
なんと最初からBドライブが読まれているじゃないですか!
ということで実験で手持ちの同級生2をインストール。
ちなみにHDDのフォーマットはエミュレータでHDDを新規作成してBTNPART.exeを実行すればできる。

※エミュレータは各自、好きなものを使ってください。
ちなみに僕はT98を使っています。


インストールも終わったので起動しようとすると
「コンベンションメモリーが足りない」といわれる。

このFDDイメージにはEMS、XMSメモリマネージャがない。

ので!
ツァイ メタ女のハードディスクイメージから・・・・。
やり方は割愛する。

そうしたらはFDCONFIG.SYSを編集する。
FDCONFIG.SYSは俗にいうCONFIGファイルね。
これをdiskexplorerを使って開く。

すると

rem VERSION=6.20
DOS=High,UMB
rem COUNTRY=81,932,\COUNTRY.SYS
FILES=20
LASTDRIVE=Z
BUFFERS=4

rem DEVICE=FDXMS.SYS
rem DEVICE=EMM386.EXE RAM


という風に書かれている。

最後の二行の先頭に書いてある「rem」を消す。

つまり

DEVICE=FDXMS.SYS
DEVICE=EMM386.EXE RAM


ということね。

ちなみにremとは『コメント』という意味で今までこの行はコメントの意味しかなさなかった。
remを消すことによってコメントではなく実行される行になるということだ。
編集したFDCONFIG.SYSをdiskexplorerに戻す。

これで準備は整ったので再度、同級生2を実行すると動いた!

やった~~!

tensorさんへ
僕だけでなく同じ悩みを持った人がこのページに来て救われると思います。
繰り返しになりますが本当にありがとうございました。




***スポンサーリンク***


『駿河屋ゲーム』最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!
ありとあらゆるゲームが揃っています!


古いゲーム売るならヤマトク




テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

FreeDOS(98)にFDDを読ませるっ!

こんばんわ、にゃんたです。

もっと、簡単な方法が見つかりましたのでこちらの記事を参照してください。
FreeDOS(98)にFDDを読ませるっ!訂正版

多分、PC98エミュで多くの人が躓くであろうFDDの問題に入っていきたい。
まずはぷあーこあ様の記事を参考にやってみよう
記事はこちら。
http://poorcore.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

具体的に書くと・・・
FD144とEXTDISKをダウンロードする。
注意するのはEXTDISKは
EXTDISK(V3.11→V3.12差分)3.12と3.11があるが3.11だけダウンロードする。



それぞれを解凍する。



FDD144はDiskエクスプローラーを使ってFreeDOS(98)HDイメージに組み込む。

EXTDISKは3.11を解凍すると
3.11には
■EXDSK311.DOC
■EXTSET.LZH
■STANDSET.LZH
なのでEXTSET.LZHとSTANDSET.LZHを解凍する。

STANDSETフォルダのEXTDISK.BPBを削除する。
EXTSETフォルダのEXTDISKL.BPBをEXTDISK.BPBに名前を変えてSTANDSETフォルダに移す。
STANDSETフォルダの名前をEXTDISKに変更する。
FDD144はDiskエクスプローラーを使ってFreeDOS(98)HDイメージに組み込む。



FreeDOS(98)HDイメージにあるconfig.sysに

device=a:\fdd144\fd144.exe /gioctl
device=a:\extdisk\extdisk.sys

を書き足す。



うまく動作してくれれば、ぷあーこあ様のところにおいてある画像のようになるはず。
この状態でエミュレータのFDDにイメージを噛ませればディレクトリを変更できる。

あとは・・・・健闘を祈る。



***スポンサーリンク***


『駿河屋ゲーム』最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!
ありとあらゆるゲームが揃っています!


古いゲーム売るならヤマトク




テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

PC-98エミュを動かしてみよう!? その3

こんばんわ、にゃんたです。
今回は前回の続きで僕がどういう手順でエミュレーターを起動させたか手順をチャート式で説明する。
20160128-4.jpg

エミュレーター本体をダウンロードする!
これは好きなものをダウンロードしてください。
こちらの記事を参考にしてね。
http://freesoft.tvbok.com/pc9801/pc9801.html



フロッピーディスクをイメージ化する!
こちらの記事を参考にしてね。
http://freesoft.tvbok.com/pc9801/98emulator.html

※イメージ化したらバックアップをキチンとしよう!
今やフロッピーなんていつ壊れてもおかしくないのだから・・・。





FreeDOS(98)のHDイメージをダウンロードしよう
こちらの記事を参考にしてね。
http://dosmania.blog.fc2.com/blog-entry-76.html



ダウンロードしたFreeDOS(98)のイメージをエミュレータに組み込んでスタートしてもFDDが認識していないのに気付く。
なのでFreeDOS(98)にFDDを認識させるドライバを組み込む必要がある。
こちらの記事を参考にしてね。
http://poorcore.blog.fc2.com/blog-entry-21.html



うまく設定ができるとカレントを【D:】にできるのでハードディスクにインストール出来るようになる。
エミュレーターのFDDに最初イメージ化したFDをセットしてインストール開始。

※インストールが完了したらそのイメージを抜き取ってバックアップを取っておこう。
万が一、FreeDOS(98)データーが破損したとしてもバックアップから復旧が出来るようになる。
こちらの記事の第三節を参考にしてください。
http://worholicanada.mydns.jp/pc98/00104.html



無事、問題がなければゲームが始まるはず・・・。

なんだけど・・・ここまで来るのが大変だったよ、ほんと。
なんでかといったらそれがFDDの設定なんだよね・・。
次回は補足としてFreeDOS(98)にFDDを認識させるやり方を詳しく説明する。


051.gif

『駿河屋ゲーム』最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!
ありとあらゆるゲームが揃っています!


古いゲーム売るならヤマトク



テーマ : PCゲーム
ジャンル : ゲーム

PC-98エミュを動かしてみよう!? その2

こんばんわ、にゃんたです。
昨日の記事を書いた後、やっぱり諦めきれず今日の夜明けまで実験に実験を重ねやっと!エミュレーションすることに成功しましたぁぁ~~!!!!
20151109.jpg

ヒューヒュードンドンパフパフ~~~~~!!!

何が原因だったのかというとFree-DOS(98)のHDイメージはFDDを読み込む設定になっていないから読み込ませる設定をしたんだけど僕の勘違いで上手くいかなかったんだ。
ホント簡単なことで間違えていただけだ。

ということで今回、次回はどうやって動かしたのかをザッとレクチャーしたいと思う。
まず用意するものは・・・

■3モードのフロッピードライブ。
内蔵タイプならバイオスが3モードに対応している必要がある。
僕が買ったドライブはWindows8.1 64bitでも普通に2HDを読み込むことが出来た。
ハードオフのジャンクコーナーに売っていたぐらいだから注文する前にハードオフを覗いてみよう。

■エミュレーターで動かすソフト。
これがなければエミュレートさせる意味がない。
僕がソフトを買ったのは駿河屋だ。
まぁ~下級生が200円で売っていたぐらいだから手軽に買えると思う・・・。
駿河屋以外でで売っている場所を知らない。

■エミュレータソフト
T98、Neko project、anex86など・・・。
お好きなものをどうぞ。
※ご自身で検索してダウンロードしてね。

■Free-DOS(98)、もしくはPC98用のMS-DOS。
もう、純正のMS-DOSを持っている人はいないんじゃないかなぁ・・・。
多分、多くの人がFree-DOS(98)を使うことになると思う。

■最近のPC
最近のPCなら普通に動くと思う・・・。


注意点は・・・
僕は運よく3モードのFDDが見つかったからいいけど普通に買うとなると高い。
普通に買うと新品で6000円ぐらい・・・中古で3000円。
だから注文する前に何件かハードオフに行って探してみてほしい。

DOSソフトは駿河屋で売っているけれど古いものだから、もしかしたら動かないものもあるかもしれない。
僕が実験用に買った遺作、下級生、同級生2だが下級生、同級生2は読み込みができたが遺作は読み込みができなかった。
これは駿河屋が悪いわけじゃなくレトロなものを買うわけだから、読めないリスクがあるってことは覚えておいてほしい。

PCは最近のPCだったら大丈夫だと思う。
僕のPCのスペックは・・・
CPU SandyBridge celeron G540 2.5Ghz
Memory 8GB
VGA Geforce GTX650
でT98で同級生2を動かした時のCPU使用率は40%だった。

なので最近のCPUなら大丈夫でしょう。
初代Pentium~Pentium4はキツイと思う。

準備はいまのところこれぐらい。
最低限、これが集まらないとエミュレーションはできない。
次回はチャート式でやることを書きたいと思う。


051.gif

『駿河屋ゲーム』最新新作ゲームから四半世紀前のレトロ機種まで!
ありとあらゆるゲームが揃っています!


古いゲーム売るならヤマトク



カウンター
今までブログに来ていただいた方
プロフィール

にゃんた

Author:にゃんた
1978年生まれのゲームジャンキー
8歳の時にファミコンに出会いゲームにドップリとハマる。
今ではレトロゲームとPCゲームにハマりすぎて自分が何のゲームをやっているのか分からない状態(笑)

最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。