EVE ZERO ダンディ中年のオネエ言葉は健在





こんにちわ、にゃんたです。
今日もいっぱつ、EVE ZEROいってみましょうか。

今回はまりな編の最初の方のレビュー。
はじめるとムービーが流れる。
20160313_215239.jpg


ちなみにまりなの声はエヴァンゲリオンのミサトさんみたいね。
僕はこの声好きよ。

僕の勘違いだったけれど小次郎の声が加持さんに聞こえたんだよね。
最初は「お~なんだこの夢のようなキャストは!」
と思ったけれど調べてみると加持さんは山寺 宏一さんで
小次郎は子安 武人さんなのね。
僕は似ていると思うんだけどなぁ。

EVE burstError Rのページにキャラクターのページがあるので確認すべし!
http://eve.el-dia.net/

さて、本題にもどると
ムービーが終わるとダンディー中年登場。
若いねぇ。

ADAMではサザエさんの波平みたいな顔していたのにイケメンになっている。
しかもオネェ言葉は健在。
出勤するとダンディ中年の一言。
20160313_215449.jpg

20160313_215309.jpg

20160313_215517.jpg



まぁ言い方を変えればフレッシュな仏さんとは言えるけどさぁ。
20160313_213640.jpg

フレッシュな仏さんとフレッシュじゃない仏さんのどちらかを調べろって言われたら断然フレッシュな仏さんでしょう!
フレッシュじゃない仏さんなんて・・・想像しただけでねぇ あなた・・・

今回のまりなの捜査は小次郎のシナリオで出てきた死体の加害者を探すこと。
ここで僕は「ん?」と思ったんだよね。
今までは二人が違う捜査をしていたらうまい具合に物語の中間ぐらいで上手く交じり合う感じだった。
今回は、その交じり合いが早い。

僕は小次郎編から進めているけれどもしやるならば、まりな編→小次郎編をプレイした方がストーリーが分かりやすいかもしれない。

ネタバラシすると小次郎とまりなが出会うことはない。
一応、マルチサイトシステムを採用しているけれど意味があるのかなとも思う。
変なところでストーリーが進まなくなっちゃうんだ。

マルチサイトシステムはEVEの醍醐味だけどさ、もうちょっと違うシステムを採用してもいいんじゃないかと思う。
と言っても今度、発売されるBurstErrorRのように切り替えるタイミングが分かってしまうのもつまらない。
もうこの際、パクリになっちゃうけどユーノみたいに事象マップを作ってしまうのも面白いかもしれない。

「小次郎のあの出来事があった時にはまりなのあの出来事があったのか!」

と一目で分かるしね。

今回はここまで。
次回は中盤ぐらいになったらまたレビューをしたいと思う。






EVE ZERO 男はスケベ心の塊なんだよ・・・





こんばんわ、にゃんたです。
今日もイッパツ、EVE ZEROいこうかぁ!

BurstError→LostOne→ADAMとやってきたけれどZEROはなかなか面白いと思う。
今のところはね。
何が面白いかというとBurstErrorにあったユーモアな面がふんだんにあること。
LostOneとADAMはユーモアの欠片が一切なかった。
ADAMに関しては小次郎が大人寄りな性格に描かれているからBurstErrorの小次郎と同じように思っていると幻滅する。

とくに面白いのが研究所の警備員とのカラミは面白い。
小次郎の軽口のセンスは天下一品だね。
でも、このZEROはBurstErrorの作者作っているんじゃないんだ。
もし、ZEROを剣乃氏が担当していたらヒットしていたんだろうなぁと思う。

さてゲームのレビュー。
家出息子の捜査状況を報告しに父親が働いている研究所へ来た小次郎。
入ろうとすると茜とぶつかる。
20160313_213336.jpg

う~ん僕もこんな恰好されたら口には出さないけれど小次郎と同じことを思うだろうな(笑)
茜を立たせるために手を貸してあげたら、その拍子に胸を触ってしまった小次郎。
20160313_213353.jpg

あんぱんち炸裂!

ん~BurstErrorの時から思ってたけどさ・・・。
茜の存在がイマイチ分からないんだよね。
ここぞというときに出会うし・・・。
なんか腹にイチモツを握っているような感じがする。

今回は最近、起きた事件のことを家出息子の親父さんに聞いていたらしい。
この事件っていうのがすごいの。
20160313_213640.jpg

喉元から下腹にかけて腹を開けられて臓器を奪われたという・・・。
これはPS版なので暗くて分からないけれどPC版ならもっと鮮明に見れたかもね・・・。

茜の目星では殺されたのは親父さんの働いている所の研究員。
そして親父さんは人間の臓器を研究していた。
だから何かを知っているんじゃないかと思ったみたい。

それを親父さんに聞いてみると・・・
20160313_213840.jpg

怒られちゃった(泣)
そりゃ怒られるわ。

報告が終わった後、セントラルアベニューに行くと何やら同級生2のキモキャラ、
芳樹みたいなヤツが中学生の腕を引っ張っている。

20160313_214445.jpg

芳樹みたいな顔しているでしょ?
知らない人は【同級生2 芳樹】をグーグル先生で調べてみましょ。
歩いているとパツキン美人とぶつかる。

20160313_214547.jpg

20160313_214559.jpg

20160313_214611.jpg

20160313_214629.jpg

いやぁ男ってヤツは考えることが同じなんだなぁ。
口には出さないけれど僕も多分、小次郎の目線と変わらないところを見るぞっ!


ではでは、次回はまりな編をレビューするからお楽しみに。






EVE ZERO BurstErrorファンには面白いかも!





こんにちわ、にゃんたです。
今日もイッパツEVE ZERO行ってみようかぁ!
20160312-0.jpg

今回も小次郎からスタートした。
まぁ、どちらからスタートしてもいいんだけどね。
結局はシナリオを切り替えることになるから。

システム面は特に変わりはないかな。
変わったとすれば・・・ADAMの時はアイコンで物を調べる形式だったけれど
今回からコマンド式に戻った。

アイコンで物を選択するのも面倒っていえば面倒だしね。
コマンド式の方がピンポイントに指摘ができるから楽。

今回は小次郎曰く、薄汚いゴシップ屋 柴田茜の依頼で始まる。
茜、露出が激しい服を着ているなぁ。
暑いんだか寒いんだかワケわかんない服を着ているよ。
20160306-3.jpg


なにやら家出少年を探して来いとのこと。
20160312-01.jpg


横で聞いていた二階堂が自分も捜査に参加するとのこと。
まぁ~大人数で探せば見つかる確率は高いんだけどさ・・・・
ぶっちゃけ、家出少年を高確率で見つけるんだったら警察に頼んだ方が早いんじゃない?
普通、そう思うよね?
この、あと家出少年のオヤジさんに会いに行くんだけど、警察には言えない事情があるとのこと。

初日の調査が終わった後、小次郎の生い立ちの回想が流れる。
実は小次郎、両親が事故で亡くなっていたんだ。
20160312-3.jpg

その両親と友達だったのが桂木源三郎。
桂木源三郎が小次郎の面倒をみることになるんだ。

ただ、両親が亡くなったのは事故だけど事件の可能性もあるらしい。
20160312-2.jpg

まとめると・・・怪しいニオイがプンプンするんだよね。
両親が桂木源三郎と友達で・・・両親は事件に巻き込まれた可能性がある・・・。
こりゃ絶対に何かがあるっ!

初日の捜査が終わって家に帰ってみると一通のエアメールが届いていた。
送り主は桂木源三郎。
なにやら数日後には日本に帰ってくるとのこと。

小次郎としては突然、姿を消して突然、帰ってくるのは不振に思うみたいだ。
これは誰だってそう思うだろう。
三年(だったような気がする)日本を離れていきなり日本に帰ってくる。
何か理由があるんだろうな・・・。
20160312-6.jpg

僕はそれよりもBurstErrorで小次郎が源三郎を警察に突き出した意味が気になるなぁ。
それもこのZeroで説明がされると思う。

今日はここまで。
またチコチコとプレイしてレビューするのでお楽しみに。






EVE ZERO どこまで続くEVEシリーズ??





こんばんわ、にゃんたです。
一週間ぶりの更新になったね。
仕事の方はボチボチやっているよ。
なんか副業が本業のような感じになりつつある(笑)
まぁ変な感じだね。

今回はフェルガナの誓いをレビューする予定だったんだけど
前にマザーボードが壊れた時にOSを再インストールしたんだ。
その時にミスをしてセーブファイルを消しちゃった(泣)

ということでフェルガナの誓いはその場面に戻るまで一旦、ストップするね。
その代わりEVE ZEROをレビューしていくよ。
20160306.jpg


僕が買ったのはプレステ版。
なぜプレステ版かというと、ぶっちゃけ安いから(笑)
あとパソコン版はあんまり売っていないからだ。

なので一応、初代PS本体は持っているけれどキャプチャが出来ないから
エミュレータを使ってのレビューをするよ。
最近のエミュレータって進化したもんだね。
僕が使っているのはPCSXというものでPSのBIOSがなくても起動が出来るんだ。

つまりPCSXとソフトさえあればプレイが出来ちゃうってわけ。
便利な世の中になったもんだね。
とはいえ取り扱いは自己責任でお願いね。

さて、このEVE ZEROはどんな話かというとEVE BurstErrorよりも前の話になる。
なので小次郎とまりなは実際に会うことはない。
会うことはないんだけどお得意のマルチサイトシステムを採用している。
もう、このマルチサイトシステムもトイレに流しちゃっていいんじゃないかなぁ。

最初のほうをちょっとやってみたよ。

小次郎の人格はADAMとは違って女性にだらしない感じやマヌケな感じもない。
どちらかというとBurstErrorの小次郎の性格に似ていると思う。
ユーモアもあるし下らない行動をする感じでもない。
なんていうのかな・・・シリーズによって人格がコロコロ変わるのってこのゲームぐらいじゃないかな。


二階堂くん・・・ホストっぽい顔しているねぇ。
20160306-2.jpg

こんなイケメンの探偵っているのかしら。
むしろホストとして活躍した方が生活に困らないと思うけどなぁ。
この頃から弥生をめぐって小次郎と敵対視。


弥生・・・なんかお姉さんみたいな感じでとても20代の女性には見えないよ・・。
キレイなんだけどね。
20160306-1.jpg


茜・・・・キャピキャピのお姉ちゃんだね。
20160306-3.jpg

この頃から自称ジャーナリストで小次郎に依頼を持ってくる。
BurstErrorでは小次郎と茜の関係がイマイチうまく纏めてなかったから分からなかったけれど
ZEROではその点、うまくまとまっていると思う。

次回からゲームの内容をレビューしていくからお楽しみに・・・。







カウンター
今までブログに来ていただいた方
プロフィール

にゃんた

Author:にゃんた
1978年生まれのゲームジャンキー
8歳の時にファミコンに出会いゲームにドップリとハマる。
今ではレトロゲームとPCゲームにハマりすぎて自分が何のゲームをやっているのか分からない状態(笑)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク