ファイナルファンタジータクティクスA2 ジョブが40あってもさ・・・





こんばんわ、にゃんたです。
では、さっそくファイナルファンタジータクティクスA2(以下FFTA2)のレビュー行ってみましょうか。

携帯ゲーム機ってのはあれね、スクリーンショットを撮れないから大変。
外部機器につなげて出力する方法もなさそうだし・・・。
ということで今回は画面をiPhoneで撮った画像でご勘弁を。
写真 H28-07-16 22 57 48

前回の記事にも書いたとうり、無印に比べるとだいぶ子供っぽい世界観になっている。
それはハードがDSということもあってかもしれない。
DSってどちらかというと一般向けって感じがある。(失礼!)
その反面、PSやXboxはゲーマーよりのゲームを作るじゃない。
これが例えばPSで発売ってなったらもっと世界観が変わっていると思う。

ストーリーはありがちな話。
夏休みに主人公が図書館の本を開いたらイヴァリース(ゲームの舞台)に飛んじゃったって話。
このイヴァリースっていう世界はFFTからずっと続いている舞台でFF12の舞台でもあった。

なにやら話によるとFFTA2にはFF12で登場したキャラクターが出てくるみたいだ。
FFTにはFF7のストーリーに絡まないけどクラウドが出ていたね。

プレイしてみた感じではクエストをこなしながらストーリーを進めて行くみたいな感じだ。
どちらかというとFFTA2はストーリーよりもシステムに力を入れているゲームと言える。
自分が所属しているクラン(ギルドみたいなもの?)やキャラを育成していくことがメインだ。

システムがFFTの時よりも変わった。
■経験値は敵を倒せばパーティー全体に振り分けられる。
■アビリティは武器についている。
■ジョブチェンジは40種類ぐらいあるみたい。

経験値はいい変更点だ。
FFTみたいに主人公を囲んでタコ殴りして経験値とJPを稼ぐなんて面倒だしね。

アビリティはFFTの場合、ジョブチェンジすると覚えるアビリティをJPを消費することによって覚えられた。
今回は違うんだ。
武器に修得できるアビリティ決まっていて装備して修得ゲージをいっぱいにすれば修得が出来る。

これでもいいんだけどさ、頻繁に武器を変えなきゃならないのが面倒。
確かFF9も同じシステムだったね。

ジョブチェンジ出来るジョブが40種類ねぇ。
こんなに必要??(笑)
どうせ使えるのってさ2~3ぐらいしかないんだしそんなに必要ないと思うけどなぁ。


次は僕の大好きな竜騎士になったら、また続きを書きたいと思う。






ファイナルファンタジータクティクス たまには思い出してください





こんばんわ、にゃんたです。
三連休、いかがお過ごしでしょうか?
僕の方はですね、ネットでのお仕事も一区切りつけて今は勉強しています。
勉強して~飯食って~ブログ書いて~ゲームして~な生活です。

今回、駿河屋で購入したゲームはこちら。
FINAL FANTASY TACTICS A2。

このゲームを買ったキッカケっていうのは元々、無印のFINAL FANTASY TACTICSが好きだったんだよね。

PSPでいうとFINAL FANTASY TACTICS獅子戦争だね。
ゲームの内容は今までのFFシリーズにはなかったシミュレーションを採用している。
このシミュレーションがよく出来ていて面白かった。

唯一の不満は経験値取得とJP取得の条件だ。
今までのFFは敵をすべて倒せば戦闘に参加したパーティメンバーに対して与えられた。
だけどFFT無印は違う。
確か無印の場合は自分が自分や味方、敵に対して何かアクションをした時に与えられる。

ということはだ。
折角、パーティーに参加をさせても経験値を稼げないキャラが出てくる。
これじゃ時間がかかるばかりでラチがあかない
僕は何をしたかというと弱い敵が出るエリアへ行って敵を最後の一匹だけにする。
次に主人公を囲むように4人立たせて主人公をタコ殴りする。
主人公のHPがなくなって来たらポーションなりケアルで回復してあげる。

そうすると経験値とジョブポイントが効率よく入るようになる。
こんな面倒なことをしないとレベルも上げられなかったゲームなんです・・・。

その分、ストーリーがとても良かった!
簡単にいうと・・・簡単にも纏められないな(汗)
これだけ言えるのはFF本編にあるような青臭いストーリーじゃないってこと。
FFTは人間の汚さが見事に描かれている。

あるシーンでは残酷な場面もいくつかあったと思う。
(グロイ表現があるってわけじゃないよ)

こういう場面があったからFFTは好きだったんだ。

それから続編が出ないのかなぁ~と心待ちにしていたんだけど中々出なかった。
ある時、ゲームボーイアドバンスで出るって話を聞いた。

ネットで調べてみると無印が大人なストーリーだったのに今回のファイナルファンタジータクティクスアドバンス(以下FFTA)は限りなく子供っぽい作りになっている。
これが嫌で僕は買わなかったんだ。

さらに時間がたってDSでなにかシミュレーションゲームないかなぁと思って検索してたらヒットしたのがファイナルファンタジータクティクスA2(以下FFTA2)だ。
買う前にネットで調べてみるとやっぱり世界観やストーリーが子供っぽい。
でも前作よりはマシになったような気もするが・・・

ただし、価格がそんなに高いものでもなかったから購入してみた。

・・・とFFTA2の記事を書くつもりが無印FFTの話になってしまった。
次回はFFTA2のことを書いていきたいと思う。



【駿河屋で低価格で販売中】

FFTを始めるなら名作の無印からプレイしてみよう!


PSP版、FFTはこちらをクリックしてください。




テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

カウンター
今までブログに来ていただいた方
プロフィール

にゃんた

Author:にゃんた
1978年生まれのゲームジャンキー
8歳の時にファミコンに出会いゲームにドップリとハマる。
今ではレトロゲームとPCゲームにハマりすぎて自分が何のゲームをやっているのか分からない状態(笑)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク