我が家のゲーム機事情






こんにちは、XぼっくすXです。
今日は家にあるゲーム機事情について書こうかな。

僕の家には
⚫︎初代PS
⚫︎セガサターン
⚫︎ドリームキャスト
⚫︎初代Xbox
⚫︎ニンテンドーDSi
⚫︎ゲームボーイポケット
がある。

現行機は持ってないし買う予定はない。
なぜなら大抵のソフトはPCに移植されるからだ。

据え置きゲーム機はAVセレクターで繋げてある。
この中で最も頻繁に起動させるのがPSとDSとゲームボーイだ。

何をやるのかというと初代PSではギターフリークス、ビートマニア、ストリートファイターシリーズ。
DSは脳トレ、ニンジャガ、ドラクエ。
ゲームボーイはビートマニアとドラクエ。

もちろん、他のハードにも好きなゲームがあるがやっていないだけでつまらないというわけではない。

サターンのパンツァードラグーンやエルフのゲームは好きだしXboxはDOAシリーズやニンジャガ、ソウルキャリバーと面白いものはいっぱいある。

やり出せばやるようになるんだけどなかなか手が回らない。
毎日毎日、ゲームだけをやっているわけじゃないからね。

サターンのサクラ大戦1、2とロボット大戦が面白い!というレビューを見たから買ったけど・・買って3ヶ月以上たったが未だにやっていない。

だからと言って処分しようという気にもならない。
いつとは約束は出来ないけれど必ずやる時が来るからね。

そこでだ、今月の終わりあたりにジャンク品のスーパーファミコンを買おうかと思っている。
なぜなら、マリオワールドやマリオコレクションが無性にやりたくなったからだ。

しかし・・こんなにゲーム機があって生きている間にやりきれるのかと心配に思う。
ただ、現行機を買う予定はないからこれ以上、ゲーム機が増えることはないだろう。
多分・・。

あと保守の問題がある。
レトロゲームという性質上、手に入れられる時を逃してしまうと手に入れることが困難になってしまう。

そうなると自分が使っているゲーム機が1台しか持っていないとすると壊れた時に代替できるものがなくなり二度とそのゲーム機でゲームをすることができなくなってしまう。

これを防ぐには自分で修理が出来るようになるのと代替機を用意しておくことだ。
初代PS本体なんて使う頻度が多ければ多いほどレンズのピックアップ部が壊れていく。
これは修理では直らないから代替機を用意するしかない。

今の時代は運がいいのかな。
ネットでゲーム機を分解して修理した人の記事が載っているからそれを見ながら修理をしていけばいい。
できれば修理をすることが楽しいと思える自分になってほしい。

レトロゲーマーは修理と保守を知っていないとこの先やっていけない。



あなたの応援クリックお願いします(´∀`)




コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
今までブログに来ていただいた方
プロフィール

にゃんた

Author:にゃんた
1978年生まれのゲームジャンキー
8歳の時にファミコンに出会いゲームにドップリとハマる。
今ではレトロゲームとPCゲームにハマりすぎて自分が何のゲームをやっているのか分からない状態(笑)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク