どんなパソコンでゲームをすればいいの?





価格の次はゲームをやるためのパソコンを用意しなければなりません。

「俺のパソコンはソニーのVAIOで20万円もしたんだから最近のゲームでも動くっしょ!」

はい、間違いなく動きません!

なぜならば

①今、主流の一体型デスクトップのCPUはモバイル版です。

つまり、ノートパソコン用のCPUが入っているのです。

なぜ、ノートパソコン用のCPUが入っているのかというと省スペース化するためにノートパソコン用のCPUを使っているのです。

いくらi7という最高のCPUを使っていても同じデスクトップ版のi7 CPUでは何割か性能が違います。

無理に動かそうとするならば発熱によりパソコンを壊す可能性が出てきます。

またPCでゲームをやるためのに必要なグラフィックボードをさすことさえできないモデルもあります。

②ノートパソコンでも無理?

一体型PCと同じく厳しいでしょう。

一体型PCやノートパソコンにはGPU(3Dゲームをするために必要なチップ)が内蔵しているものもありますが機能が乏しく故障の恐れもあります。

また、ゲーム用ノートパソコンも販売されていますが鬼のように高価です。

僕も一回、購入しましたが3年で壊れました。

「じゃあ~どうすんねん!」って話ですが簡単です。

自分でデスクトップパソコンを作ればいいのです。

「え~自分で作るのって難しくないの?」

って声が聞こえてきそうですが・・・プラモデルを作るよりも簡単です。

難しい・・・というのは思い込みです。

自作するためのHPも充実してますし本屋にいけば詳しい組み立て方法が書いてある本が500円で売ってます。

しかも安く、自分だけのパソコンを作る事ができるのです。

僕が作ったパソコンは

20140511_214751.jpg

CPU Celeron G540
MEM 8G
HDD 1TB
VGA GTX650
で4万円で作れました。

このスペックでPS3 またはXbox360レベルのゲームは出来ます。

ポイントはグラフィックボードとCPUですね。

僕の場合、自作一発目だったのでCPUは安めのものを選んで作りましたが

十分、間に合います。

PCでゲームをやることを視野にいれている人は絶対に自作PCを選んでください。

そうしないと後悔することが目に見えてます。

高い金を出して買ったメーカー製のPCでゲームをやろうと思ったら拡張性ゼロで
『ちっくしょー!』と何度、思ったことか。

BTOもいいですけど一発目は自作してPCの構成を覚えましょう。

そうすれば自分でパーツ交換なりメンテナンスが出来るようになりますから。






テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
今までブログに来ていただいた方
プロフィール

にゃんた

Author:にゃんた
1978年生まれのゲームジャンキー
8歳の時にファミコンに出会いゲームにドップリとハマる。
今ではレトロゲームとPCゲームにハマりすぎて自分が何のゲームをやっているのか分からない状態(笑)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク