イース ナピシュテム フェルガナの誓い オリジンのいいところ





イース ナピシュテム フェルガナの誓いと紹介をしてきたが今までのイースとは違うことが分かったと思う。
大きな特徴はボスが個性的でゴリ押しは無理だという点だ。

今までのイースは半キャラずらし技を使って戦闘を有利にしたり
レベルを上げて武器をいいものにすればゴリ押しで勝てた。
だけどナピシュテム、フェルガナ、オリジンはその手が通用しない。
たとえレベルを上げまくって挑んだとしてもボス戦で苦労する。


↑この動画はフェルガナの誓いの最後のボスだが僕は20回ぐらい死んだ。

レベルが低いとかじゃなく敵がどういうパターンで攻撃してくるか読まないと
たとえレベルが高くても簡単に死ねる。
ボスの体力の残量によって攻撃パターンが変わるようになっている。
上の動画で体力が4000を切ったころから鬼攻撃を仕掛けてくるんだけどこれが本当にキビシイ・・・。

一応、難易度がEASY・NORMAL・HARDとあってHARDをクリアするとNIGHTMAREが追加される。
NORMALでも最初のボス(デュラーン)で10回は死んだのを覚えている。
「こんなぁ難しいのー?」って思ってEASYでクリアしたぐらいだから。

ボス戦で死にまくるけどそれがまたいい。
自分で戦略を立てながら
「今度あの攻撃をしてきたら・・こういう攻撃をして・・・ここへ逃げて・・・」
というように試行錯誤しながらプレイするになるから。

僕はフェルガナの誓いの最後のボスに1時間ぐらい試行錯誤してやっと勝てた。
それが楽しいし新しいイースらしさだと僕は思う。

ただし、PSP版でやる人は注意した方がいいかもしれない。
画面が小さすぎてやりにくい可能性がある。
もし、PCでプレイ出来る環境があるならばPC版をやることを勧める。

イースの関連記事
イース ナピシュテムの匣 ゲームレビュー
イース フェルガナの誓い レビュー
イース ナピシュテムの匣 初回特典つめすぎ(笑)






コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
今までブログに来ていただいた方
プロフィール

にゃんた

Author:にゃんた
1978年生まれのゲームジャンキー
8歳の時にファミコンに出会いゲームにドップリとハマる。
今ではレトロゲームとPCゲームにハマりすぎて自分が何のゲームをやっているのか分からない状態(笑)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク